« 近接信管であります。 | トップページ | 平成17年度契約実績であります。 »

2006年4月21日 (金)

機関砲のまとであります。

以前、ミサイルのまとを空対空、空対艦とご紹介しま
したが、今回は機関砲のまとについて書いてみます。

空対空機関砲射撃訓練には、以前はダートターゲット
と言われるものを使用していました。これはアルミで
できた大きな矢じりのようなターゲットを曳航するもの
です。回収はできないので、着陸前に曳航索を切断
して、ターゲットを地上へ落とします。
射撃機は各自の機関砲の弾頭にペンキが塗ってあり、
ターゲットにその色のペンキが付着したかどうかで
各機の命中を判定します。
このやり方だと、射撃の際に命中の判定ができない
ので、ダートターゲット内に石灰を詰めて命中時に
白煙がでるように工夫していたりしたそうです。

Ap33

Dart Aerial Gunnery Target(National Museum of the USAFより)


近年は、ダートターゲットに代わってAGTSと呼ばれる
機材を使用しています。
AGTSはAerial Gunnery Target Systemの略で、フォア
ボディと呼ばれる曳航体とトウセットと呼ばれる曳航装置
ビジュアルオーギュメンターと呼ばれる吹流し、コクピット
コントロール・パネルから構成されます。
フォアボディはリリースされると3GHz帯のパルス波を後方
へ発信し、長さ30ft程度の円錐形のスコアリングゾーンを
形成します。

射撃機はフォアボディに付属する吹流しを目標に射撃
します。発射された機関砲弾がフォアボディ後方の
スコアリングゾーンへ入ると、フォアボディはそのドップラー
波を検知して命中弾としてカウントします。
カウントされるとその数をフォアボディから、トウセットを
介して機体へ送信します。
そのため、有効弾をリアルタイムで確認できるようになり
訓練効率が大幅に向上しました。

Agts36lg

AGTS36(Meggit Defence Systemのwebより)


訓練が終了したら、フォアボディをラムエアタービンにより
曳航索を巻き上げて回収します。もし、フォアボディが
被弾して損傷が大きい場合は、曳航索を切断して
フォアボディを投棄します。

フォアボディは高価なものなので、フォアボディにいかに
当てずに有効弾をカウントさせるかで、錬度が分かる
そうです。

|

« 近接信管であります。 | トップページ | 平成17年度契約実績であります。 »

コメント

ダートターゲットといえば、映画「ベストガイ」で射爆場みたいなトコで主人公が反省(?)しているシーンで、背景の地面にボコボコ突き刺さっていた印象が強いです(笑)。
でも実際はどんな所に落としているんでしょうか?
映画のようにやはり空自の射爆場なんでしょうか?

投稿: daiko | 2006年4月29日 (土) 15時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52045/1493155

この記事へのトラックバック一覧です: 機関砲のまとであります。:

« 近接信管であります。 | トップページ | 平成17年度契約実績であります。 »