« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年8月23日 (水)

UP-3Dであります。

JWings10月号に掲載されていたUP-3Dですが、両翼に
RM-30A標的曳航装置を吊り下げ、飛行開発実験団の
支援にあたったとの記事が出てます。
記事の中で標的は赤外線標的としていますが、あれは
赤外線誘導ミサイル標的NPT-IR-1ではありません。

この標的は超低高度えい航標的JAQ-50です。
この曳航標的は電波高度計と可動翼を供えて
シースキミングミサイルを模擬して海面上20ftを飛翔
できる能力を持っています。
平成16年度契約で99式空対空誘導弾(改)用超低高度
えい航標的が発注されていますので、これでしょう。
(納期は今年8月)
この標的はさらに前方と後方象限のXバンドの反射波
が極小化されています。
UP-3DはAAM-4改用のシーカー性能確認試験の支援の
ために運用されているのでしょう。

いよいよAAM-4改の技術試験が本格化してきました。
供試弾の納入が来月ですから、実射は来月か10月
となりますね。

岐阜基地を要ウオッチです。(^^

| | コメント (2)

2006年8月15日 (火)

世界の傑作機No.117 「F-1」であります。

管理人が一部を執筆しました世界の傑作機No.117「F-1」
が文林堂さんから出版されました。

"F-1の誘導兵器とFCS"として主にASM-1,2ミサイルに
関して書いております。実射試験にまつわる知られざる
エピソードや誘導方式など、レアなネタも盛り込みました。

是非、ご一読下さい。

489319141101_ss500_sclzzzzzzz_v61400172_


世界の傑作機No.117 「F-1」


| | コメント (3)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »