« 2008年1月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月25日 (月)

OH-1(B)を夢想するであります。

いゃーご無沙汰でございます。
なんと半年振りですか(^^

AH-64Dの終息が現実のものとなりましたね。
なんと予定の13機にも達せずです。
まぁ、これには色々と理由があるのでしょうが、運用経費が
主力戦闘機並みだとか、地上とのデータリンクが波の関係で
できないとか、開発動向を見誤ったとか。。
特別割掛費償却についてはFさんは大変でありましょう。
訴訟事案に発展するかもしれません。

さて、死んだ子の年を数えていても始まりません。
早急に次期戦闘ヘリを決めねばなりません。
選択肢としては以下でしょうか。

  1. ユーロコプター・タイガー
  2. AH-1Z
  3. OH-1改

1はどうでしょうかね。ただでさえ機種を整理したいと考えて
いるのに全くの新機種導入というのは難しいかもしれません。
2はFさん救済という面では良いかもしれません。AH-1Sの
治工具の流用も可能ですし。ただ、担いでいたのはMさん
だったので、その辺りの紆余曲折が予想されます。
3は深く密かに動いていたプランです。元々OH-1が非武装化
されたのは米国のRAH-66の売り込みを恐れての話だった
のですが、あのかたちからして武装化のプランが無いとは
誰も信じないでしょう(W

OH-1をベースにした場合、本格的な改修を施すのかあるいは
現行のOH-1の1バージョンとするのかという選択があります。
前者の場合は恐らく新規に開発要求を起こさねばなりません
ので、費用及び期間も掛かります。ただ武装ヘリとしての能力
はそれなりのものが出来るでしょう。
後者の場合はOH-1の仕様書を差し替えるだけで実現可能
です。丁度、74式戦車改を思い浮かべていただければ良い
でしょう。あれは74式戦車(G)型なのです。
さて、自分はOH-1(B)を以下のように夢想しました。

  • スタブウィングの大型化
  • 兵装用パイロン追加
  • 光学式MAWSとCMDの追加
  • IPSとIRSの改良(パワーアップのネック)
  • GUNは積まない
  • 地上とのデータリンクを追加
  • メイントランスミッションの改良
  • エンジン換装(エンジンメーカーへの仕様書差替のみ)
  • 主兵装はATM-6 x 8及びHydra70(19発)ポッド x 2
  • 空対空兵装はSAM-2改、できればAAM-5

どうでしょう。以上の内容であれば新規開発を起こさなくても
OH-1の1バージョンとして、現行の仕様書差替のみにて
それなりの武装ヘリができてしまいます。

真夏の夜の夢にしては現実性がありそうですね。

| | コメント (5)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年9月 »