« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月30日 (木)

ASM-2 D/Lであります。

穏やかなお天気が続く、今日この頃。

自分も猫の額にも満たない我が家の庭へせっせとトマトや
ナスを植えますた(^^) 家計の一助になってくれると
大変嬉しいのですが。

ところで、装備施設本部の平成20年度実績を見ていると
とても興味深いアイテムを見つけました。

  • ASM-2ダミー飛しょう体 数量8EA 契約先MHI

    契約金額98,364,000円

  • ASM-2用テレメータ 数量6式 契約先MHI

    契約金額37,069,200円

  • ASMミサイル用GPS 数量8EA 契約先USAF

    契約金額3,731,034円

最近の実績には調達要求番号が載ってないので、要求元
が分からないのですが、これらは一体何用かと考えるに、
やはり計画されていたASM-2 D/L(データリンク)用でしょうね。
1EA当たり2000万円の飛しょう体というのはシーカ無し、
弾頭無し、エンジン無しでオートパイロット、航法装置、
操だ装置付きドンガラなんでしょう。
テレメが1式600万円というのは、NRE込みでしょうかね。
NRE込みならそんなものかもしれません。

自分が幕の方から、このASM-2D/Lの話を初めて聞いたのは
10年程前のことでした。
その際の開発の目的はさらなるあくまでも対艦攻撃時
の目標選択能力の向上と、命中精度の向上の
ためとのことでしたが、どう考えても陸上攻撃用ですね。
まだまだ、おおっぴらに対地精密誘導兵器の話を出せない
時代でしたから。

その当時は聞かなかったのですが、GPSを搭載すると
なると、やはり陸上の固定目標相手ということでしょう。
(基本的にGPS誘導は動く目標には向かない)
また、同様にINS/GPSを搭載する予定だったXGCS-2が
ポシャッたのもASM-2D/Lがあるからいいやということ
かもしれません。
GPSを搭載ということは、I/Fは1553か1760ということ
でしょうね。取り敢えずF-2専用装備となりそうです。

もしかするとP-1にも。。あっちはAGM-65がありますが。

| | コメント (3)

2009年4月25日 (土)

ここだけの話(5)であります。

ネタが無いので、またまたこの題名smile

某社長より、枯渇部品を入手するために、中東某国より
とある中古機を1機まるごと輸入するという豪快な話を
聞き、元気を貰う。商売も順調なようで何より。

ATD-XではT-2/F1の部品が多く流用されるようだ。
そりゃラ国機の部品は流用できませんがな。
何れにしろ古いものなので何かと大変らしい。

KはCの遅延の影響がかなり大きいとのこと。
社内も萎縮しているとの話。また輸入品に関する
怨嗟の声が渦巻いているらしい。
ちょうど、XSH-60KがUSH-60Kになったように
XP-1の4機の内、1機はUP-3Cの後継となるらしい。

20年度の装備施設本部の契約実績にあった
「ASMミサイル用GPS」というのは、ASM-2D/L用
なんだろうか?
舞鶴で新規標的の話も聞いたので、部長殿へ確認
してみよう。

ところで、ネット上で珍しいものを見付けました。
AMLSとはAerial Mine Launcher Systemの略。
Aerial-輸送 Mine-機雷 Launcher-投下 System-装置
輸送機用機雷投下装置です。
C-130Hからカードドアを開けて、パラシュートを付けた
機雷を投下するものですが、技本開発したものの、
結局八戸基地だけにしか配備されず、マル検に
指摘されたもの。

八戸基地武器整備隊のページ 

| | コメント (9)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »