« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月13日 (日)

1553と1760であります。

わが家に新しい家族を迎え入れたりとか、バイクのユーザー
車検があったりして、ここ最近はバタバタしておりました。
それにしても新しい家族(カニンヘン・ダックスフンド)が増えた
ことで、自分の家庭内での地位が一段下がったことは間違い
ないようでありますwobbly

ところで、社内でMIL-STD-1553Bデジタルデータバスに関する
講習を受けました。講師の方は○○○にいらっしゃった方
ですから、オーソリティー中のオーソリティーでしょう。
解説の対象となったのはSH-60KのAHCDSとF-2でした。
いやー1553は今となっては古い規格ではあるのですが、
いまだに多く使われている規格です。何せ通信速度が
1M、オーバーヘッドを考慮すると800k程度になります。
さて、この講習で伺った気になる点を書いてみます。

  • これによって機内配線の簡素化と軽量化が可能となった。
  • 通信は時分割でBCが割り当てる。
  • 1553と1760は1760が2V電圧が高いだけ。
  • 1760は主としてストア(外部搭載物)コントロールに使う。
  • BC(Bus Controler)は1系統につき1個のみ。
  • BCがアウトだと1系統みんな駄目になる。
  • 終末にはターミネータが必要。
  • 通信距離に関する規定がない(これが一番びっくり)
  • 冗長化する場合はBCを追加する。
  • BCとRT(Remote Terminal)両方できるのがMulti Mode
  • 光ケーブルの規格も存在する。(P-1で使用)
  • 通信速度が遅いので、表示系等は適さない。
  • 上記のため、AFDX等の規格が出てきている。
  • Real Time性があるので、信頼性が高い。
  • 外部搭載物の代わりにシュミレータを使ってチェック。

自分が1553に初めて触れたのは、LAU-128ランチャの
マニュアルを見た時でしたが、LAU-128では、
AIM-120搭載時に1553を通して目標の慣性データが
一瞬にしてミサイルの誘導システムに対して送信されます。

日本が使っているミサイルとしては、1553でやり取りするもの
として代表的なのは以下のものでしょう。

  • AAM-4(F-15及びF-2用)
  • AAM-5(F-15及びF-2用)
  • AGM-114M(SH-60K用)
  • AGM-114K及びL(AH-64D用)
  • GBU-38(F-2用)
  • AGM-65(P-1用)

| | コメント (7)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »