« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

CCTであります。

CAS(近接航空支援)であります。」のコメ欄でCCT の話題が
出ていたので、写真をUPしておきます。
何れにしろ大変なお仕事ですねこれは。。。
ちなみに韓国空軍にもCCTはあります。さすが強大な地上
兵力と対峙するお国柄。

将来的には空自でもこういう組織が立ち上がるかもしれ
ません。

051108f9999x001_2

写真はUSAFのWEBより転用。

Youtube映像はこちら

| | コメント (16)

次期戦闘機予算計上へであります。

【業務連絡】
残地諜者T君へ。来月から別の仕事をすることになりました。
今度はプライム相手ではなく、入間及び陸、海の部隊相手
なので、会える機会もあるでしょう。入間で会ったら、千里で
ジャンバラヤ・セットでもおごります。
副事業部長、人事部長及び係長殿にも宜しくお伝えください。

さて、上記のタイトルです。
元記事を見ると、PINGの匂いがプンプンします。さて、何処が
発したPINGなのか。
C新聞はそのロケーションから、M情報には詳しいのですが、
例えば,F-2のレーダーの不具合を最初に報じたのもこの
新聞社でした。
先日のF-35で決まりっていう報道は、恐らくは中の人の突撃
精神旺盛そうなP上がりの方から発せられたとお見受けした
のですが、これはMの方から出てきた話なのか?

出てきている3機種はいずれもMがラ国したい機種ばっかだ。
特にF/A-18E/FやEuro Fighter辺りは手ごろな線でしょう。
Mの意向としては、国産戦闘機開発の前にもう一度ラ国を
行って腕を磨きたいとの意向があるという。
来年にはF-2の生産が終わって、アイドルが出るから早く
うちがラ国できる機種で決めてくださいよとのことなのかも
しれない。

世間的には完全に芽がなくなったと思われているラプタソだが
実はそーでもないという話がある(今の機数でラインが閉じたら
LMは大損らしい)、まだまだ予断を許さないというところ。
米国の実体経済は実はかなーり調子悪という話もあるし。
ラプタソの生産がクローズする2011年に掛けてが勝負で
しょう。そして、その場合はMへの何らかの機体の手当て
それはMT-Xになるのか、はたまた何か全く別のものを
あてがう必要が出てくるでしょう。

| | コメント (4)

2010年6月28日 (月)

海洋SEADであります。

お陰様で、風邪は何とか治まりました。辛かったとです。

さて、昨日のコメント欄で、空自がSEADに興味を持っていない
との話がありましたが、空がSEADに興味を持っていないのか
と言えば、興味を持っていないことはありません。
実際、過去に何回か導入の話が出ては消えてます。
以前、入間基地(開発集団だったか4DPだったか覚えて
いませんが。)にお邪魔した際に、制服の方がHARMが云々
という話をされていた(試験関連の?)のを聞いたことが
あります。

空がHARMを運用するとしたら海洋SEADミッションにおいて
使用することになるでしょう。
海洋SEADミッションという言葉は余り聞いたことがないかも
知れませんが、関係者の間ではよく聞く話です。
下の図はRatheon社のAGM-88のdata sheetに載っている
ものです。ここではmaritime interdictionとなってますが。

Harm Maritime interdiction scenario

Ratheon社のAGM-88のdata sheetより抜粋

戦時に艦隊でレーダー波を出している艦というと広域
エリア防空艦でしょうから、そちらに向けて対レーダー
ミサイルを発射し、艦隊の目を一時的に奪ってしまおう
というものです。通常、対レーダーミサイルに狙われた
場合は、対抗手段としてレーダーを一時的に切りますし
切らなかったら、HARMが飛んできてドカンです。
HARMは空対空ミサイル並に速度が速く、対処時間が
極めて限られます。
また、副次的メリットとして、本来真っ先につぶすべき
広域エリア防空艦などを攻撃機のレーダーに頼らずとも
識別し、攻撃できるという利点があります。

このように海上阻止攻撃用として利点があるHARMを
空が導入しようとしないのは些か不に落ちないかも
しれませんが、現在開発中のXASM-3にはパッシブ
レーダーモードがあります。これの導入を待っている
という話もあります(実際に官の方からも聞きました)

もう一つ、例えばF-2がHARMの運用能力を持って
しまったらどうなるか。。。。。
その場合、USAFの下請けとして某紛争時に先兵と
して空が駆り出される可能性が出てくるということです。
三沢のF-16部隊の動向にも注目した方が良いかも
しれません。
(三沢のF-16は元々、日本海に潜むソ連の戦略原潜
を狩る米海軍の攻撃型原潜を排除するために
活動する対潜部隊とその基地への阻止攻撃のために
配備された経緯を持つ。)

| | コメント (3)

2010年6月24日 (木)

両用戦力であります。

夏風邪がまだ治りません(;;;´Д`)
ゴホゴホ言いながら、キーボードを叩いております。
夏の風邪はいやですね。暑いのもダメ、寒いのもダメ。
冬の風邪だったら、暖めれば良いだけですが。。。

前回のCAS(近接航空支援)であります。を投稿した後に思った
のですが、余り表だって語られてはおりませんけど、海さんは
両用戦力の充実という方向へシフトしているのではないかと
思われるフシがあります。
陸さんは島嶼対応ということで、すでに動き出しておりまして、
輸送手段(CH-47)の拡充、軽量なAFVの開発(MCVや新型
AFVファミリー)、またはこんなものの検討をしています。
海さんの一連のAGM-65やAGM-114、MK45MOD4の装備化
もそうですし22DDHへの車両搭載能力の付与というやや首を
傾げたくなる仕様もそうであるならば納得がいきます。

さらに両用戦力の充実を謀るならば、航空支援能力、つまり
艦載航空戦力の取得という道筋が見えてきます。
海さんが艦載固定翼機の取得について並々ならぬ意欲を
持っていて、それが実現寸前にまで至っていたことは最近、
明らかになっています。
以前、某商社さんの方と仕事でご一緒したのですが、
その方はBAEハリアーを売り込んでらっしゃった方で、
かなりいい線までいったのだがと仰っていたのを思い
だします。

海さんの艦載固定翼機取得の根拠として、艦隊の広域防空
能力、早期警戒能力といったものが考えられるのですが、
両用戦力の充実に伴う対地支援能力の獲得という有力な説得
材料が加わることになります。
(対地支援のみで考えるなら、攻撃ヘリの方が手っ取り早いが、
例えばAH-1Zとか。)

すでにハコ(DDH)はあるわけですから、あとはそれ程難しい話
ではないはずですが、搭載機種となるとちょっと面倒です。
固定翼に拘るならば、F-35Bしかありません。
しかし、F-35は機体サイズが大きく過ぎ、取得価格も恐らく
高い、何時になったら買えるのかも分からないといった問題
があります。
つくづく、ハリアーⅡ+を買える内に買っとけば良かったと
思うのですが、来年中にクローズしてしまうMさんの戦闘機
新規生産ラインのために、ハリアーⅡ+のライセンス生産
なんぞ如何でしょうか?
今なら安いと思いますが。。。

| | コメント (6)

2010年6月21日 (月)

CAS(近接航空支援)であります。

風邪をひいてしまいますた(*≧m≦*)

夏風邪ほど苦しいものはないです。何とかしのいでおりますです。

さて、先日面白い映像を明石出張の際に観ました。
朝のTVニュースだったのですが、アフガンの地上部隊から
支援爆撃の要請を受けたF-15Eが搭載しているLJDAMを使うことを
パイロットが拒否して、GUNで攻撃を行うというものでした。
拒否した理由は近くに学校があったからです。
たかが20mmといえど、結構な威力なのですが、地上からは
相変わらず爆弾を落としてくれとの要請が入ります。
それでもF-15Eは搭載機関砲による支援を行います。

これは色々と考えさせられる映像です。F-15Eをこの手の任務に
投入するのが妥当かどうか、小火器しか持たないゲリラだったから
よかったものの、これがMANPADSなどを装備した正規軍だったら
どうなのか。

空自はCASという任務を重視してません。というか無視です。
陸さんから散々の要請がありながらです。
先ほど、F-2の開発要求を読み直してみたのですが、近接航空
支援のきの字も出てきていません。あくまでも着上陸阻止
が地上攻撃の目的なのです。
無理からぬ話ではあります。空軍の本来の任務は航空優勢を
確保することですから、元々保有機数が限られている空自では
労多くして余り報われない3K仕事は余りやりたがらないのです。
これは何処の空軍でも同じです。余裕があるUSAFではA-10
という専門機を持っていますが、USAFですらA-10を早期に退役
させてF-16へ更新しようと企んだことがありました。

これらの事情から米陸軍では、独自にCAS専用機を保有しようと
何度か考えたことがあります。古くはA-4やA-7、比較的最近では
泥んこ戦闘機(MAD FIGHTER)を独自に研究したことがあります。
しかし、軍の縄張り争いと予算の壁に阻まれて頓挫します。
そこで、固定翼でなくヘリコプターを武装させて火力支援させる
ことになりました。お馴染みのAH-1やAH-64です。
AH-64は第一次湾岸戦争の開戦劈頭にイラク・クウェート国境
西側の地上レーダー施設を破壊するという本来なら空軍が
やるような任務をやってのけます。

しかし、今日は攻撃ヘリコプターの限界も明らかになりました。
元々、本質的に脆弱性を有するプラットフォームであるヘリは
生残性において劣ります。益々高度化する地上軍の防空
システムの前においては、例えNOEが可能なヘリと言えども
生き残れる可能性が段々低くなってきています。
第二次湾岸戦争ではイラク軍の強力な防空コンプレックスに
遭遇したAH-64は少なからぬ被害を受けています。
そういう状況下で、AH-64のような金喰い虫(運用経費が
主力戦闘機並み)へ果たして金を掛けるべきかという疑念が
生まれてきます。(しかもラ国しても輸入部品が多く稼働率も
低いと予想される。AH-1Sも現在、同じ理由でまともに運用
できるものは少ない)
陸自のAH-64の調達が中止された要因の一つには、以上
のような疑念があるのではないかと勘繰る今日この頃です。

では陸さんとしてはどーするのか。ちょっと考えてみますた。

1. 特科に精密誘導弾の運用能力を持たせる
   (GMLRSや高精度化弾薬等)
2. 普通科に精密誘導弾の運用能力を持たせる。
  (精密誘導迫撃砲弾、MPMS等)
3. 攻撃ヘリの生残性、コストパフォーマンスをより高める。
 (長射程MPMS搭載、機体は国産汎用ヘリベースで良い)
4. 空さんはあてにならんから、海さんに頼む。
(艦船による火力支援、艦載固定翼機調達の理由付け)

さーて、この先どうなりますか。今後益々先細るであろう
防衛予算の行方も含めて、目が離せないところでは
ありますね。

(追記)

上記4について、海さんの装備に表向き対艦用としながらも対地用としても使えるもの、AGM-65Fマーベリック(P-1用)、AGM-114Mヘルファイア(SH-60K用)、ハープーンBLOCK2(そうりゅう級)、Mk45mod4(5,000トン級)等が増えてきたことはベクトルが一致するかもしれません。

| | コメント (10)

2010年6月 1日 (火)

愛が足りないであります。

Last day......憑き物が取れたみたいでスッキリした。
明日から、奥さんと愛娘と愛息(犬)のために頑張ろう。キリッ。

以前、某作家さんのwebに日本がなぜF-22が導入できなかったか
自分なりの意見を投稿したことがある。
これは米国側の理由というより、多分に日本側の問題だったと
思う。つまり、日本はF-22の運用者としての資格が無かったのだ。

米国にとって、F-22は虎の子である。なぜなら、もはやこれしか
頼るものがないからだ。F-22の次世代を担うものはその萌芽すら
まだ出てきていない。であるから、F-22の優位性はできるだけ
長く保たねばならない。
F-22の他者に対する優位性とは何か、それはやはりステルス性
であろう。だが、ステルスというものは万能ではない。
ステルスだからこそ、その運用には慎重さ(=愛情)が求められる。

ステルスとは何か?それはレーダーに映らないことでは無い。
レーダー相関を相手に取らせないことにある。
例え一度、レーダーに捉えられたとしても、次のスキャンで
所定の位置に捉えられなければ、レーダー上では目標の
相関が取れず最初のスキャンによる目標補足はノイズとして
処理される。

ステルス機といえども電波を反射してしまう部分は
必ず存在してしまう。従ってレーダーに対して全く反応しない
訳ではないが、同時に極端にレーダー波を反射しない部分も
存在するステルス機では、レーダー波に対して反射したり、
しなかったりを繰り返すことによりレーダーに目標の相関を
取らせず、実質的に消えることができる。

これは、実は非ステルス機においても可能だ。
メーカーに在籍していたころ、自分の後ろの席にいた退役
空将補殿はアグレッサー出身の方だったが、特殊な機動を
行うことにより、USNの戦闘機(恐らくF-4J)とのDACTにおいて
相手レーダーに捉えられず、バックを取れたという話を聞いた
ことがある。
同じF-15でも、ベテランが乗る機体と若手が乗る機体では
相手レーダーに捉えられる距離が違うそうだ。

つまり、ステルス機のレーダー反射特性はできるだけ秘匿する
必要がある。もしそれが知れてしまったら、相手に対抗手段を
取られてしまい、ステルスが剥がされてしまう。
ステルス以外に取り柄がないF-117は早期に退役に追い込まれ
B-2の生産機数が極少数だったのも、ステルスの優位性は
長く続かないという判断だったのではないか。
(これらの機体は鈍足で機動性も低く、ステルス以外に身を
守る術を持たない。ただ、B-2には長距離航続性能と大搭載量
という他者にない利点がある。)

以上のように、F-22の優位性を維持するために、運用には
細心の注意(=愛情)が求められる。当たり前だが、USAFはそれを
持っている。しかしGA隊はそうではなかった。F-22を単なる
F-15より高性能な機体として取り扱った。
(だから、ダメだったらタイフーンでもいいやなんて話も出てくる)
米国はそれを感じ取ったからこそ、F-22を日本へリリース
できなかった。例えモンキー版でもFIとして最適な機体を得る
機会をみすみす逃してしまった。
(モンキー版F-22であるF-22J(仮称)はステルス性はオリジナル
より劣るが、整備性や耐用年数はむしろオリジナルに勝り、
使い勝手が良い機体になる可能性が多分にある)

以上は単なる私見です。キリッ。


| | コメント (4)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »