« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月17日 (日)

XASM-3のお話であります。

体調ワルー(。>0<。) 従って、今日は短めです。

近頃巷で、人気急上昇中のXASM-3のお話です。
分かり易く、質問形式にしてみました。

1. IRR(Integral Rocket Ramjetengine)とは何か
   ラムジェットはかなりの高速で飛行しないとラム圧が得られない
 ため、静止状態から自力で発進することが困難、そのためラム圧
 が生じる速度域まで加速する目的で、ロケットブースタを追加
 したものであり、小型化するためにラムジェット燃焼器内に
 ブースタ推進薬を充填し、インテグラル・ブースタ化したもの。

2. ラムジェットの利点は。
 通常のジェットエンジンと違い、空気圧縮機が不要となり、小型
 軽量化が可能となる。また、ロケットエンジンは推進薬の約8割
 が酸化剤であり、燃料は2割程度であるのに対して、ラムジェット
 では空気から酸素を得るので比較的長時間の推力維持が可能
 となる。

3. IRRを最初に実用化した国は。
  旧ソ連のSA-6ゲインフルSAMにて初めて用いられた。

4. 当初予定されていたIIR(画像赤外線)シーカー搭載が見送られたのは何故か。
 空自は対艦誘導弾を電波誘導及び赤外線誘導方式の2系統
 で整備する方針を持っており、XASM-3にIIRシーカーを搭載して
 しまうと現在調達中のASM-2の調達理由が無くなってしまう。
 XASM-3はあくまでも、ASM-1の更新用として計画されている。

5. IIRシーカー無しにどうやって個艦識別を行うのか。
 GM開発官が部内誌で以下のように発言している。
 「パッシブ電波シーカによる目標識別等の機能を備え、高脅威艦
  に対処可能とする
。」従って、パッシブレーダによる電波情報
 で目標識別を行うものと考えられる。

6. IRRの動作フェーズは。

  1. ブースタフェーズ(ロケットモータによる加速)
  2. トランジェントフェーズ(ブースタノズル及びポートカバーの切り離し)
  3. ラムジェットフェーズ(ラムジェットによる飛翔)

7. 高衝撃型貫徹式弾頭とは。
 XASM-3はM3程度の超高速で敵艦へ突っ込むため、従来の
 弾頭では、接触した瞬間の衝撃で弾頭及び信管が損傷して
 しまい、艦内部まで到達しない可能性がある。
 そのため、高い衝撃を受けても動作する弾頭と信管の新規
 開発が必要となる。
 詳細は不明だが、BROACHのように先駆弾頭を備えている
 可能性がある。

8. ステルス性は。
 XASM-3には幾つかの飛翔パターンがあるが、高速で飛翔する
 ため、余り低い高度を飛ばせられない。
 そのため、生残性を高めるためにもステルス化が必須となる。
 ASM-2等と異なるのは、ASM-1から発展したASM-1ファミリーが
 ステルス翼や磁性体塗料によるステルス化に留まっているのに
 たいして、電波反射をできるだけ抑えるような機体外形を採用し
 いること、また超高速による空力加熱に耐えるステルス構造を
 有していることである。

10041514

9. ミサイル間通信機能を有しているのか。
 それに関しては不明だが、昨今の技術的動向から有している
 可能性が高い。少なくても多目標同時弾着機能等は
 有していると考えられる。

10. どのような状況で使用されるのか。
  生残性が高くまた高価(3~4億/発)であることから、高脅威艦
  すなわちエリア防空艦や空母等が目標になると考えられる。
  XASM-3を使って、まずこのような目標を戦闘不能にし、その後
  ASM-2のような個艦識別可能なミサイルを使って他の戦闘艦を
  攻撃し戦闘能力を奪い、その後は輸送艦等の低脅威の艦船を
  誘導爆弾等を使って殲滅するものと考えられる。

| | コメント (6)

2010年10月 9日 (土)

F-15のどーでもいい話であります。

Twitterにうつつをぬかして、ブログの更新をすっかり忘れて
しまいますたc(>ω<)ゞ

さて、最近気になった知らない人にはどーでも良い話があります。
果たして、F-15に搭載されているRWRであるAPR-4はCMDである
ALE-45と連接されているのかです。
つまり、RWRの指令によってチャフを撒いたりするのかどうかという
どーでも良い話です。
ICSであるALQ-8は、2つのモードがありAPR-4から妨害指令に
より妨害電波を発信する「AUTO」モード、パイロットが手動で妨害
電波を発信する「MAN」モードが選択できます。
マニュアルで発信する場合は、SET1,-2,-3の3つが選択できます。
それぞれの妨害パターンは地上でプリプログラムされます。

ALE-45がALQ-8のように、APR-4から妨害指示を受けるか
どうか、気になってましたが結論から言うと、ALE-45はPが
マニュアルで操作するものであるようです。
一応、「AUTO」モードもありますが、F-15Jでは使用しません。
F-15Jでは「PROG」モードのみ使用します。これは予め設定された
幾つかの投下パターンをダイヤルによって選択しておきます。

実際の発射はパイロットがスロットルに設置されたスイッチによって
行います。スイッチを上に上げれば「PROG」モードで発射します。
スイッチを下に下げて保持すれば、ESCAPE発射となり、全ての
脅威に対して最も効果のあるプログラムで発射します。
面白いのは、アフターバーナーを使用している際は、発射される
フレアの発射数量が変更されることです。

発射のトリガーですが、APR-4では警報音により脅威をパイロット
へ警告します。種類は以下のとおりです。

  1. 新しい脅威 ピーという連続信号が4秒間
  2. 注意     ピー、ピー、ピーという断続した連続信号
  3. 発射     ピ、ピ、ピという断続した連続信号   

パイロットはこの警報音を聞いてチャフを発射するのでしょう。
チャフのみ発射したい場合はFLとRFのDEFEAT SWITCH
を押しておけば発射しません。再度、押せば解除されます。 

問題はフレアの発射で、これはパイロット独自の判断による
ものか、J/APQ-1後方警戒レーダー搭載機ではここから警報
が出るのでしょう。レーダーですから距離が分かるわけで、
J/APQ-1搭載機では自動でフレアを発射してくれるかも
しれません。近代化案の中には光学式MWSの計画も
あったようですが、実現しなかったようです。

F15flarethb

なお、J/ALQ-9射出型ECMを搭載している場合は、APR-4から
の情報により、最適な妨害成分を設定して発射されますので、
RWRとCMDは連接されていると言えるでしょう。
J/ALQ-9はF-15の近代化に対応できず、少量のみ調達されて
いると聞いてましたが、FY2010で改善が図られるようです。

なお、近代化ではCMDはBAE社製のALE-47へ更新されます。

ALE-47では1553により、各機器と連接されるのでしょう。

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »