« 空軍化する航空事業部であります。 | トップページ

2017年6月18日 (日)

F-15のデータリンクであります。

ご無沙汰しております。

ここ最近、F-15のデータリンクについて興味を持って
調べておりました。余り表に出る話ではないのですが
一部を公開したいと思います。ご興味を惹かれたら
幸甚です。

まずF-15J/DJのJADGE(BADGE)データリンクシステム
は、一方通行の受信専用システムになります。
送られてきた時分割データは日立製データリンクセット
により受信・デコードされてC/Cに送られます。
データリンクセットは以下の写真の赤枠部分です。

F15j001
MASDF 様から使用許諾を頂いてます。転載不可。


送られてきた時分割データリンク(TDDL)は、デコーダ
で妥当性を評価されます。なりすましはできません(w
データリンク情報は主にHUDへ表示されます。
表示されるものは以下です。
  1. コマンドデータ(高度、方位など)
  2. ステアリング情報
  3. ターゲットLOS
  4. Time to Go
  5. データリンクモード及びアドバイザリモード
  6. ミスメッセージコード
なお、VSDに表示されるものは以下になります。
  1. 目標情報
  2. 目標高度
  3. 機首方位及び対気速度
  4. データリンクモード及びアドバイザリモード
  5. ステアリング情報
  6. ミスメッセージコード
なお、データリンクのモード選択としては以下が
あります。モードのノブは写真の黄色枠部分です。

プライマリモード
データリンクの指示を受ける際に通常選択するモード。

セカンダリモード
目標情報は入手できるが、コマンドモードは入手不可の
場合のモード。

マニュアルモード
データリンクが受け取れない際に選択するモード。
パイロットが音声無線を元にCNIへ手動入力。

パイロットはHUDまたはVSDに表示された指示の元に
機体を目標に向けることになります。方向が上下左右
に外れている場合は、HUD上で上下左右に
ロスシンボルが点灯して、目標から外れていることを
教えてくれます。パイロットは点滅しているロスシンボル
の内側へ機体を保つことにより、目標へ向かいます。
目標又はウェイポイントへ近づくとカウントダウン
が表示され、0になるとアタックフェーズへ移行
します。また、搭載レーダーをロックオンさせた場合は、
レーダートラックモードへ移行します。これにより、
アドバイザリコード及び選択したウェポンの情報以外
はHUDから消え、ロックオンを解除するまで新たな
データリンクミッションは開始できません。

ミッションが完了すると二次ミッションへ移行するか
CAP又はRTB(Return to Base)を選択します。
RTBの場合は、パイロットはその指示に従って
基地へ帰還します。

|

« 空軍化する航空事業部であります。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52045/70899807

この記事へのトラックバック一覧です: F-15のデータリンクであります。:

« 空軍化する航空事業部であります。 | トップページ